こまった時には、このサイトによってってください(^-^)皆さんのこまったが解決できますように…

子供とお出かけ

生駒山上遊園地ITADAKIの遊具 営業時間 料金 割引についてまとめてみました!

投稿日:

奈良県生駒市にある「生駒山上遊園地」に、国内最大級の屋外遊び場

PLAY PEAK ITADAKI(プレイ ピーク イタダキ)

が7月13日(土)にオープンします♪

注目は地上高8メートルを超える大型ネット遊具「スカイウォーク」!

地上8メートルって……けっこう高いですね?!

高いところが好きな我が家の子供たち、すごく喜びそうだけど

『何歳くらいから遊べる?』『どんな遊具があるの?』『営業時間や入園料は?』

など、生駒山上遊園地ITADAKIについて気になることを調べてまとめてみました^^

生駒山上遊園地 ITADAKIとは?

3月に開園90周年を迎えた生駒山遊園地。

7月13日(土)に PLAY PEAK ITADAKI という新しい遊びのエリアがオープンします。


何これ?!めっちゃ楽しそう!!!

変わった遊具やなぁ……と思ったら生駒山上遊園地 ITADAKIのプロデュースは、公園や保育園、幼稚園、小学校など全国に3万5千ヶ所以上のあそび場を創造している「ボーネルンド」でした。

なるほど!

生駒山遊園地ってもともと山の上にある遊園地なんです。

豊かな自然の中で、美味しい空気や風を感じたり、景色を眺めたりしながら家族で楽しい時間を過ごせる遊び場というのがコンセプトなんです。

 

生駒山上遊園地 ITADAKIの遊具は?

ITADAKIには、

  • スカイウォーク・ヒル
  • オープンスカイ・デッキ
  • スウィング・バレー
  • トドラー・ガーデン
  • アドベンチャー・レイク

という「5つのプレイエリア」があります。

 

スカイウォーク・ヒル

  • 推奨年齢:5~15歳

プレイエリアの一番上にあるのは、あの地上高8メートルを超える大型ネット遊具「スカイウォーク」です!

このエリアでは「全身を使って登りながら、自分の力を試すゾーン」となっていて、推奨年齢は5~15歳と幅広いですね。

地上高8メートルと聞くと、小学生以上の子供しか無理なのかなと思ったら……年長さんから挑戦できるんですね♪体を動かして遊ぶの好きだったり、少し難しいことに挑戦したりする子供さんにピッタリですね。

とにかく登って遊ぶ遊具がたくさん。「スカイウォーク」の他にも、4つの遊具が楽しめます。自分の力で登りきって見えた景色は、すごく達成感がありそうですね^^

 

オープンスカイ・デッキ

  • 推奨年齢:2~12歳

プレイエリアは「スカイウォークヒル」が一番上にあって、そこから少しずつ下へと下がっていくようです。その下がっていく山の傾斜を使って、滑り台やアスレチックが楽しめます♪

オープンスカイデッキは、2歳から遊べるエリアなので小さい子供さんでも楽しめそう!私が気になったのは、滑り台!何やら滑り台の途中、上から水が流れているところを通るみたいです♪

 

スウィング・バレー

  • 推奨年齢:1~12歳

スウィング・バレーは、いろいろなブランコが楽しめる場所。推奨年齢も更に1歳からとなっています。子供ってブランコ大好きです^^

いろいろな種類のブランコって……気になります!そして、普段でもブランコの順番ってトラブルになりやすいので、その辺はどうなっているのかも気になります^^;

山の上なので、きっと心地良い風を感じながらブランコ遊びが楽しめるんでしょうね♪想像するだけで、とっても気持ちよさそうです。

 

トドラー・ガーデン

  • 推奨年齢:1~6歳

このエリアは乳幼児向けの遊具が集まっています。なので、歩き始めの子供さんから就学前の子供さんまで、ゆったりと遊ぶことができそうですね。

とにかく探索することが楽しい時期なので、このように乳幼児だけのエリアがあれば自分のペースで楽しめます♪

 

アドベンチャー・レイク

  • 推奨年齢:2~12歳

一番ふもとのエリアでは、湖をイメージした浅瀬があり、水遊びや砂遊びが楽しめる場所です。

暑い時期はやっぱり水遊びが楽しい!小さい子供さんだと、プールよりもこのような浅瀬で遊ぶ方が楽しめるかもしれませんね。しかも「水」と「砂」両方遊べるなんて最高ですね!

湖を渡るのに橋がかかってあったり、アスレチック型の船もあるので全身を使っていろいろな遊びができそうです!湖の周りを三輪車でサイクリングすることもできるようです。

 

遊び場がいっぱい!遊具がいっぱい!

子供にとって、どこから遊ぼう?!と迷ってしまうくらい魅力的な遊具がたくさんありそうです♪

また屋外の遊具だけでなく「マウンテン・ハット」という屋内の遊びスペースもあります。

やはり、体を思いっきり動かして遊んだ後は、ちょっとリラックスして休憩したいです。

休憩場所にもボールプールや遊具、組み立てて遊ぶ遊具もあるので、休憩もそこそこにすぐに遊び出してしまいそうですね(笑)

 

生駒山上遊園地 ITADAKIの営業日や時間は?

生駒山上遊園地 ITADAKIの2019年の営業は、

  • 7月13日(土)~12月1日(日)

定休日は、

  • 毎週木曜日(祝日及び春休み・夏休み期間は営業)

営業時間は、

  • 10:00〜17:00(最終受付は営業終了時間の1時間前)

となります。

 

オープンしてからしばらくは毎日営業していますが、7月18日(木)は休園されるということ、9月からは毎週木曜日が休園日となるので注意が必要です。

営業時間は、終了時刻が季節によって変わるようです。

  • 7月は17:00までの日と18:00までの日がある
  • 8月は18:00まで
  • 9・10月は17:00まで
  • 11・12月は16:00まで

また、悪天候などによる臨時休園や営業時間の変更もあります。生駒山遊園地の営業カレンダーも確認してみてくださいね。

>>営業カレンダー

 

生駒山上遊園地 ITADAKIの入園料は?

2歳未満の子供さんは無料です。

生駒山上遊園地 ITADAKIの入園料は、平日と休日で料金や利用できる時間が違ってくるので注意が必要です。

 

●平日

【1日遊び放題で入退場フリー】

  • こども(2歳~小学生) 1500円
  • おとな(中学生以上)  1500円
  • 保護者          500円

☆生駒山上遊園地のりものフリーパス(当日購入分)を提示すると、1500円→1000円になります。

☆途中で保護者が交代する場合は、別途入場料(500円)が必要になります。

●休日(土日祝、GWなど)

【3時間制で再入場不可】

  • こども(2歳~小学生) 1300円/3時間
  • おとな(中学生以上)  1300円/3時間
  • 保護者          500円

☆超過した場合は、延長料金500円が必要です。以降、1時間ごとに500円加算となります。保護者の延長料金はなし。

☆生駒山上遊園地のりものフリーパス(当日購入分)を提示すると、1300円→800円/3時間になります。

☆途中で保護者が交代する場合は、別途入場料(500円)が必要になります。

前売券について

生駒山上遊園地 ITADAKIの入園は、特に休日の場合、混雑状況によってスムーズに入場できない場合があります。

なので、前売券を買っておくと便利ですよ。

休日分しか購入することができないので、3時間制となっており、入場日時(例:◯月◯日◯時の部)を予約することができます!

こちらからホームページ経由で前売券を購入することができます。

>>ITADAKIの前売券【空き状況】など詳細はこちら

 

ファミリーマートにあるFamiポート(検索ワード:プレイピークイタダキ)からも購入することができますよ。

購入後のキャンセルはできませんが前日の23:59までに買えば大丈夫なので、お天気が心配な時も嬉しいです。

特に夏休みのお盆期間は休日料金になるので、前売券を買っておけばスムーズに入場できますね。

スポンサーリンク

生駒山上遊園地 ITADAKIに行く前に知っておこう!

生駒山上遊園地 ITADAKI に行く前に、これは知っておいた方がいいなと思ったことをまとめました。

  • 小学生以下は、必ず保護者の付き添いが必要
  • 保護者とは、パパやママまたは20歳以上の大人であり、高校生なら「保護者料金」ではなく「おとな料金」となり付き添いにもなれない
  • 入場したら退場するまで子供の付き添いが必要
  • 建物内での食事は禁止(飲み物はOK)
  • 園内への飲食物の持ち込みはOK
  • ペット同伴での入場はNG
  • テントやパラソルなどの使用は禁止
  • 自転車やキックボード、フリスビーなどの遊び道具の使用は禁止
  • 水遊びの時は紙おむつNG

園内には、

  • トイレ
  • 授乳室・調乳室
  • おむつ替え室
  • 着替えルーム
  • 自動販売機
  • 救護室

があるので、子連れでも安心ですね。

 

さいごに

生駒山上遊園地 ITADAKI のスカイウォーク、個人的にすごく気になっています^^

どんな景色が見えるんだろう……!?

ただでさえ景色を楽しめる生駒山上遊園地ですが、新しくできた「PLAY PEAK ITADAKI」は全身を使って遊びながら自然の中で楽しむことができます。

スカイウォークに自分の力で登って登って……「自分で登って見られた景色」というのがすごくいいですね。

子供もきっと達成感や充実感を感じるんじゃないかと思います^^

オープンの時期が暑い時なので、暑さ対策は必要だと思いますが、標高が高いので涼しさもありそう!

遊具だけでなく水遊びや砂遊びもできるところもいいですね♪

スポンサーリンク


-子供とお出かけ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

潮干狩り準備子供の服装や持ち物はどうする?迷子対策も忘れずに

家族みんなで潮干狩りへレッツゴー♪ 家族でお出かけするのはとってもワクワク楽しいものですが、お出かけ先で快適に過ごせるためには準備をしっかりとして行くことが大切です。 特に準備物の中で忘れてはならない …

あっぱれ祭りの屋台は何がある?花火の時間や当日のスケジュールは?!

あっぱれ祭りといえば屋台!!! あっぱれ祭りでは、その日限りの「グルメカー」もたくさんやってきます。お祭りを堪能しながら、美味しいものも食べたいですよね♪ 今回は、あっぱれ祭りの屋台は何があるのか?屋 …

浅井文化スポーツ公園のプールに行ってきました!B&Gは穴場です。

今年も浅井文化スポーツ公園にある、B&G海洋センターでの「プール」が期間限定で始まりました♪ 今年は、昨年度と比べるとプールの屋根がなかったりナイターがなくなったりと少し変わったところもありま …

長浜の夏中さん2019。屋台は何があった?今年の人気は?!

毎年行われる長浜の夏中さん。 毎年子供たちが楽しみにしているイベントです。もちろん、2019年の夏中さんも家族みんなで行ってきましたよ~^^ お目当てはたくさん並ぶ【屋台】です! 今回は、2019年の …

浅井文化スポーツ公園の駐車場は?アクセス方法や混雑情報も紹介!

滋賀県長浜市にある浅井文化スポーツ公園は、自然いっぱいの中にある大きな公園です。 遊べる遊具もたくさんあって、特に80mもある長~いローラーすべり台が大人気! 芝生の広場があったり、公園内が交通公園の …

プロフィール

はじめまして!

ヒカリと申します。3人の子供のお母さんです。日常の気になることが解決できるように、いろいろなジャンルで発信していきます。どうぞよろしくお願いいたします♪

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ☆