お年玉ポチ袋のお金の入れ方は?お金は新札?名前の書き方は?

今までお年玉をもらう立場だったのが

大人になって、いつの間にやらあげる立場に!

子供の頃は、何も考えずにもらって喜んでいたお年玉ですが、

いざ自分が用意する立場になってみると、

お金とポチ袋は用意してみたものの

『あれ?お金って新札じゃないとだめなのかな?』

『折り方って何か決まってる?』

『どう向きで入れるんだっけ?』

『相手と自分の名前はどこに書くの?』

などなど、気になる事が……!

 

今回は、お年玉を入れるポチ袋の

お金の入れ方、お札の折り方、お金は新札か?名前の書き方について

紹介していきます!

お年玉 ポチ袋のお金の入れ方

お年玉といえば、思い浮かぶのはポチ袋!

可愛くていろいろな種類のものがあり、迷ってしまいます。

ポチ袋にお金を入れるのも、入れ方があるんですよ。

ポイントは2つ!

  • お札は3つ折りで折ること
  • 袋をあけて、開いた時に肖像画が見えるようにすること

お札は、3つ折りより4つ折りの方が折りやすいですよね。

しかし、なぜ3つ折りなのかと言うと

4つ折りだと折り目が4つつくので縁起が悪い

とされているからなんです。

コツを掴めば、3つ折りも簡単に折ることができますよ。

では、千円札を例に、お金を折ってみましょう!

 

≪お札の折り方≫

①肖像画を表にしてお札を置きます。

②左から3つに折っていきますよ。

千円札の場合だと、野口英世さんの顔の輪郭に合わせて

最初の折り目を折ると、キレイな3つ折りに仕上がります。

③右側を、左端に合わせて折れば完成!

 

この面を表にして、そのままポチ袋に入れます。

ここでは、わかりやすいように折り目をしっかりと付けて折りましたが

実際にはあまりきっちりと折り目は付けず

ふわっとした感じで折って入れるとお札に線が残りません。

このようにしてポチ袋にお金を入れると良いですよ。

 

お札が複数枚になる場合は、重ねてから一緒に折って入れましょう。

硬貨を入れる場合も、

紙幣と同じように表を正面にしてポチ袋に入れると良いです。

製造年と数字が刻印されている面が裏になります)

スポンサーリンク

 

お金を入れた後、ポチ袋の封は折りますが

封を閉じるかどうかは、特に決まりごとはないようです。

シールなどがついていたら止めるくらいで良いかと思います。

私は、糊付けまではしませんが、もしものために

シールやマスキングテープなどで封を閉じるようにしています。

 

お年玉のお金は新札を使うのがマナー?

日本の冠婚葬祭では、お金を包む場面がよくありますね。

それらは御祝儀(ごしゅうぎ)不祝儀(ぶしゅうぎ)

2つに分けられます。

そして、御祝儀(結婚祝・入学祝など)には

まだ一切使用されていない新札を包み、

不祝儀(香典など)には

すでに使用されている旧札を包む。

というのが基本的なマナーとされています。

 

結婚や入学などのお祝いごとは

あらかじめ予定がわかっているものですよね。

新札は、いつでも手元にあるものではありません。

御祝儀に、まだ一切使用されていない新札を包むのは

『大切なあなたのために用意しました』

という気持ちが込められているのです。

 

お年玉は、新しい年を迎えるお祝いごとですので

お年玉には新札を用意するのがよいでしょう。

キレイな新札でもらったお年玉は気持ちが良いですし、

『あなたのために用意しました』

という気持ちもきっと伝わると思います。

親の立場から考えても、子供がもらったお年玉に

新札が使われていたなら、

『自分の子供のために用意してくれたのだな』と感じ

その心遣いに嬉しくなると思います。

 

お年玉のポチ袋の書き方

さて、無事に新札を用意して、お金の入れ方もバッチリ!

後は、封をして……あれ?名前ってどこに書くの??

ポチ袋は、デザインによっては一面にイラストが描かれてあったり

余白がなかったりして、名前を書く場所に迷ってしまいます。

ここで押さえておきたいポイントは

  • 『誰に渡すのか』が自分でわかる
  • 子供が『誰からもらったのか』がわかる

ということ。

特に、お年玉を渡す人数が多い場合、中に入れた金額が違うとなると

渡す相手を間違ったら大変ですw

また、子供は、もらったポチ袋に自分の名前が書かれてあるだけで、

『自分のもの』と感じ、とっても嬉しくなります。

年齢の小さい子には、是非、ひらがなで書いてあげてくださいね。

また、ご自身の名前を書いておくことで、

このお年玉を誰からもらったのかということが

子供にも、親御さんにもわかるので、

自分の名前も書いておくと良いですよ。

 

これらのことをまとめると

子供の名前を表側に、自分の名前を裏側に書く

とわかりやすいのではないかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お年玉を用意するにあたって、いろいろなマナーがありましたね。

基本的なマナーを知りつつ、

大切なことは

お年玉をあげる相手のことを考えて用意する

ということが大事なのではないでしょうか。

あなたがあげたお年玉、喜んでくれると良いですね!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

***どなたかのお役に立てれば幸いです***

 

ハンドメイドのポチ袋はいかがですか?

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました