しめ縄の処分の方法 自宅でもできる?来年も使うのはアリ?

お正月を迎えるために飾ったしめ縄。

飾りを外した後は、どうすれば良いのでしょうか?

そのままゴミに捨ててもいいの?

また、

今年は、すごくおしゃれで素敵なしめ縄を購入した!

ハンドメイドでしめ縄を作った!

……これ、来年も使いたいなぁって思うんだけど

いいのかな??

そんなお悩みはありませんか?!

今回は、しめ縄の処分の方法や、来年も使うことはアリなのか

について紹介していきます!

しめ縄の処分の方法

しめ縄の処分の方法としては

『どんど焼き』というものがあります。

『どんど焼き』『左義長』(さぎちょう)『どんどん焼き』など

地方によって呼び方が異なりますが、

小正月(1月15日)に行われる火祭りの行事であり、

神社などで、しめ縄や門松、書初めといった正月飾りを高くつみあげて燃やすのです。

しめ縄やしめ飾りによって迎えた年神様を

それらを焼くことによって

炎と共に見送り、年神様が煙と共に天にお帰りになる

という意味があるそうです。

また、どんど焼きの火にあたったり、この火で焼いた団子を食べたりすることで

無病息災になると言われています。

どんど焼きは、1月15日に行われることが多いようですが

神社によっては日取りが違う場合もあるので

一度問い合わせてみると確実ですね。

都合が悪く、『その日に神社に行けない!』という人もおられると思います。

そんな時には、神社にある古札入れに入れても大丈夫ですよ。

古いお札と合わせて、清めてから炊き上げてくれます。

古札入れに入れる場合は、ビニール袋などには入れずに、に包んでから入れましょうね。

 

しめ縄の処分 自宅でのやり方

しめ縄を捨て忘れてしまった!

自分が住んでいる地域ではどんど焼きをしていない

または、しているかわからない。

子供が小さいのでなかなか神社に持って行くのが難しい。

足がない。

などなど、神社に持って行くのが難しいという方もおられると思います。

しめ縄やしめ飾りを自宅で処分したいけれど、

そのままポイッとゴミとして捨ててしまうのは何だか気が引けます。

ここでは、お清めをして、可燃ゴミとして出す方法を紹介しますね!

 

≪お清めの方法≫

  1. 大き目の紙を用意します(半紙や新聞紙でも良い)
  2. 紙の上にお清めをする飾りを置きます
  3. お清めの塩を振ります
  4. 塩を 左→右→中央の順番で3回かけます
  5. 紙にくるんで可燃ごみとして出します

塩の代わりに日本酒でも良いですよ。

出来れば、他のゴミとは違う袋にしめ縄だけ入れて処分すると良いでしょう。

 

しめ縄を来年も使うのはアリ?

しめ縄やしめ飾りをハンドメイドで作る方がおられたり、

プリザードフラワーをあしらった華やかなデザインのものがあったりして

様々な種類のものを選べるようになりました。

毎年、どんなものを飾ろうか迷ってしまいますね。

スポンサーリンク

いろいろ悩んで決めた思い入れのあるものだから

来年も使いたい気持ちがでてくるのは自然なことだと思います。

 

本来、しめ縄の意味としては、年神様をお迎えするための縁起物。

神様は、清潔で清らかなところにやってくるとされています。

縁起の面からすると、しめ縄は毎年新しいものを飾るべき

来年も使うというのは意味がないということになりますね。

ただ、実際には、しめ縄などの正月飾りを毎年使い回している方も

案外おられるようです。

数日飾っただけなので、もったいないし、エコじゃない。

お正月の雰囲気を楽しみたいだけで、神様や伝統については

それほど気にならない。

など、いろいろな考え方もあると思います。

ですので、ご自分が納得できるなら、しめ縄を来年も使うのもアリだと思います。

大切なのは

縁起物に対する自分の気持ち次第ということに

なるのではないかと思います。

 

まとめ

しめ縄やしめ飾りを飾ることで

年神様がこれを目印に家に降りてきて下さり、

松の内が明けるまでそこに滞在しているといわれます。

処分する時には

『今年も一年無事に過ごせますように。ありがとうざいました。』

と心の中でお祈りし、感謝の気持ちと共に処分したいですね。

また、毎年降りてきて下さる年神様のために

キレイなしめ縄を用意しておきたいですね。

皆さんが、良い年を迎えられますように……!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

***どなたかのお役に立てれば幸いです***

 

よかったらこちらの記事もいかがですか?

⇒⇒⇒しめ縄の意味 子供もわかる!種類や飾り方 みかんの意味も

⇒⇒⇒しめ縄はいつから飾る?いつまで飾る?関西では時期が違うってホント?!

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました