小学生の女の子のヘアバンドの作り方 クロスヘアバンド子供用

小学生の女の子のヘアバンドの作り方は簡単です!

しかも手作りすると、生地やデザインも子供さんに合わせたオリジナルのヘアバンドが作れるので素敵ですよね♪

今回は、ヘアバンドの中でも、クロスした雰囲気が可愛いクロスヘアバンドを小学生の女の子用に作ってみました。

作り方の工程を写真付きで紹介しますので『作ってみようかな~?』『作りたいけど作り方がわからない!』と思っておられる方の参考になればとっても嬉しいです。

小学生の女の子のヘアバンドを作る時に悩む「サイズ」や、ヘアバンドの生地のおすすめも紹介していますので、最後までぜひご覧になってくださいね!

小学生の女の子のヘアバンドの作り方 必要なものは何?

まずは「小学生の女の子のヘアバンドを作る時に必要なもの」を紹介しますね。

はじめに悩むのが『ヘアバンドのサイズ』だと思います。小学生と一言で言っても、学年によって成長の度合いが違ったり、個人差もあったりします。

せっかく作ったのにサイズが合っていないヘアバンドだと、緩くてすぐにずれてきたり、キツイと頭が痛くなってしまったりして付けてもらうことができません……。

私がいつも子供用のヘアバンドを作る時にしている方法があるんですが「実際の子供の頭のサイズを測る」という方法です。

やり方は簡単ですよ^^

紐のようなものをヘアバンドを付ける位置をイメージしながら子供の頭に沿って当てていきます。

作るヘアバンドの種類にもよりますが、今回はクロスヘアバンドを作るので後ろに別でゴムが付きます。

なので、紐の始まりと終わりは丁度子供のあごくらいを目安にします。

紐の長さを測ってみると大体46cmでした。

この長さを元にしてヘアバンドを作る布の長さを決めていきます。

頭を測った長さ+両端の縫い代1cmずつ合計2cm足す計算なのですが、46cmを少し超えていたので少し余裕をもって49cmの長さの布を用意することにしました。

また、クロスヘアバンドといえば、クロスさせる布の太さによって印象が変わってきます。

私は太めのクロスターバンが良かったので、布の幅は25cmにしました。

ハンカチやタオル、余り布などを2枚用意して、幅を変えながら実際に頭に合わせてみるとイメージがわきやすいですよ。

それでは、子供用のヘアバンドを作る時に必要な材料です。

 

<材料>

●布

  • 49cm(我が子の場合)×25cm 2枚
  • 24cm×10cm 1枚

●平ゴム

  • 12cm(2.5cm幅のものを使いました)

 

クロスヘアバンドの作り方子供用

それでは、子供用のクロスヘアバンドの作り方を紹介していきますね。私はミシンを使って作りましたが、もちろん手縫いでも作ることができますよ。

 

<作り方>

1.布を中表にして、筒状になるように長い直線部分を縫い合わせます。

2.表にひっくり返します。この時アイロンをあてておくと仕上がりが綺麗ですよ。(私はあてていません^^;)

3.写真のように布を置きます。

4.デニム生地をカモフラ生地で挟み込むようにしてから、デニム生地も折り畳みます。

5.クロス部分の準備はこれでOKです。

6.後ろのゴムの部分を作っていきます。布を中表にして長い直線部分を縫い合わせ、ひっくり返します。

7.クロス部分にゴムをつけていきます。写真のように両端を中央に折って、平ゴムを縫い合わせます。

生地がかなり厚いので、ミシンの針折れに注意してくださいね。私は、ミシンを手回しして縫い合わせました。

8.次にゴムに生地を被せて、手縫いでまつっていきます。

後ろのゴム用の生地にクロス部分の生地を入れ込むのが、とてもやりにくいですが、クロス部分の生地をもう一度中央に折り込む感じで入れ込むと上手くいきました!

まつり縫いをする際に、後ろのゴム用の生地も1cm程内側に生地を入れ込んでおく必要があります。やりにくい場合は、先にアイロンで両端を1cmずつ折り込んで形をつけておくといいですよ。

手縫いでまつったらこんな感じです。

9.後ろのゴム用の生地からゴムを引っ張り出して、反対側のクロス部分にも同じように平ゴムを縫い合わせます。

10.同じように後ろのゴム部分の生地を手縫いでまつって完成です♪

スポンサーリンク

ヘアバンド生地のおすすめは?

ヘアバンドを作る時の生地のおすすめは

  • コットン
  • リネン
  • シルク

など天然素材のものがおすすめです。

ヘアバンドは頭皮に直接触れるものなので、生地を天然素材のものにすることで子供さんも心地良く着けることができますよ。また、生地が薄い方が軽い感じで着けられますし、縫う時に縫いやすいというメリットもあります。

しかし、私はボリューム感も出したかったので綿100%の普通の厚みの生地を使って幅も太めに作りました。

子供さんが普段着ているファッションに合わせたり、生地の好みで選んでみたり、幅の太さを変えてみたりして、ヘアバンドの雰囲気を変えられるなんて手作りならではの良さですよね♪

素材を変えて2種類の布を使って作ってみるのも面白そうです。

ヘアバンドを着けた子供さんの姿を想像しながら、お好みの生地を選んでみてくださいね。

 

小学生の女の子のヘアバンドの作り方 まとめ

小学生の女の子のヘアバンドを手作りする時に、サイズに迷ったら実際の頭の長さを測って作るとサイズピッタリのヘアバンドを作ることができますよ。

クロスヘアバンドの作り方は、工程は多いように見えますが慣れてくれば30分~1時間くらいで作ることができます。

子供用と大人用を作って、親子おそろいもいいですね♪

ヘアバンドは頭に直接触れるものなので肌に優しい生地を選んで、世界にひとつだけの素敵なヘアバンドができるといいですね!

 

我が家の小学生女子は、おしゃれよりも遊びに夢中です^^;

>>小学生女子の人気の遊びはスライム 作り方や材料アレンジの仕方も紹介

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました