クラウドスライム スノーパウダーなしなら?材料や作り方を【写真付き】で解説します!

クラウドスライムを作ってみたいけれど、なかなか「スノーパウダー」が手に入らない!!!(>_<)

スライムをのばした時の、あのホロホロ~フワフワ~っとした雲のような感じ。クラウドスライムは、普通のスライムとはちょっと違う感触でこれまた気持ち良くてクセになります^^

今回は、クラウドスライムを作りたいけれど「スノーパウダー」が手に入らなくてお困りのあなたへ、代用品を使った作り方をご紹介します^^100均でも売っているものを使うので、きっと試しやすいかと思います♪

クラウドスライム スノーパウダーなしなら?

クラウドスライムをスノーパウダーなしで作るなら、代用できるものとして

  • 携帯用トイレ

を使う方法があります。

スノーパウダーの原材料は『高吸水性樹脂』といって、数グラムで1リットル程の水を吸収することができるんです。見た目は白い粉なんですが、水をかけるとあっという間にかたまります。

かたまると見た目が雪のようになるので「スノーパウダー」や「人工雪」と呼ばれているんですね^^また、一度吸収した水は逆流することがないので「紙おむつ」や「携帯トイレ」にも使われているという訳なんです。

100円ショップに売っている「携帯用トイレ」の中には、この高吸水性樹脂の粉が付いているので、それをクラウドスライムを作る時にスノーパウダーの代用として使うことができます。

ただ、100円ショップの携帯用トイレに入っている高吸水性樹脂の粉の量は、手のひらサイズのスライムが3~4個作れる位の量になるので、たくさん欲しい場合はネットで購入するのもひとつです。

カラー付きのスノーパウダーも販売されていますよ^^スノーパウダーは、スライムに混ぜ込む以外にも「スノードーム」や「ディスプレイ」にも使うことができますよ。

スノーパウダーで作る雪が加わると、一気に冬の雰囲気になりますね♪

 

クラウドスライム 材料は?

それでは、クラウドスライムの材料をご紹介しますね。

 

材料

  • 洗濯のり
  • ホウ砂水
  • 着色料
  • 携帯用トイレ
  • ボウル
  • ヘラ

ホウ砂は、あらかじめ水と混ぜておいて「ホウ砂水」にすることでスライムの固さを調節しながら作ることができるのでオススメです。100均のドレッシングボトルに入れて使うと適量が出せていいですよ^^

ホウ砂水の作り方はこちらです。

>>水のりスライムって何?!液体のりスライムの作り方

着色料はお好みのものを用意してくださいね。今回は、フワフワしたクラウドスライムには透明感のある色の方が発色がきれいかなと思ったので「インク」を選びました。

 

スライムの着色方法についてはこちらでくわしく解説しています^^

>>スライムの色の付け方 食紅?絵の具?インク?作って比べてみた!

 

携帯用トイレは「ダイソー」のものを用意しました!

 

クラウドスライムの作り方

材料が準備できたら、いよいよクラウドスライムを作っていきます!

 

クラウドスライムの作り方

1.まずは「スライム」を作ります。ボウルに作りたい量の洗濯のりを入れます。

2.色を付けたい場合は、ここで着色します。

洗濯のりとインクをよく混ぜて、好みの色の濃さにします。

3.ホウ砂水を少しずつ加えて、その都度よく混ぜながらスライムにしていきます。

4.スライムが完成しました。

5.次に携帯用トイレの高吸水性樹脂を取り出して、水を加えていきます。袋を開けると、中身は「黒い袋」と「白い粉が入っている携帯トイレ」が入っています。

携帯トイレをハサミで切って中の粉を取り出します。

混ぜ込む高吸水性樹脂の量は、「水と混ぜて膨らんだもの」と「スライム」とが同じ量になる位が目安です。

手のひらサイズのスライムに混ぜる量としては写真のようにボウルの底が見えなくなる位の粉の量が丁度良かったです。後で混ぜる時に増やしたり減らしたりすれば大丈夫ですよ^^

水を入れるとすぐに固まります。

粉と水とをよく混ぜ合わせると、こんな風にホロホロしたものになります。

6.スライムに混ぜ込んでいきます。目安はスライムの大きさと同じ位の量を混ぜ合わせますが、好みの感触のクラウドスライムになるように少しずつ混ぜていくのがオススメです。

伸ばして丸めてをくり返して、混ぜ合わせます。

 

だんだんと見た目や感触が変化してきました!

7.携帯用トイレを使ったクラウドスライムの完成です♪

 

さいごに

クラウドスライムに使うスノーパウダーが手に入らない場合は、100円ショップで売っている「携帯用トイレ」で代用することができます!

100円ショップなら手に入りやすいですし、携帯用トイレ1個で手のひらサイズのクラウドスライム3~4個作ることができるので使い切れるののも便利です^^

モチモチやタプタプな感触も気持ち良いですが、フワフワでホロホロのクラウドスライムの感触もクセになりますよ~♪ぜひお試しくださいね。

これまで作ったいろいろな「スライムの作り方」を見やすくこちらでリストにしてまとめました!作り方の工程はすべて【写真付き】なので、参考にしていただけると嬉しいです^^

>>【色々なスライムの作り方まとめ。】色の付け方、100均材料、家にあるもので、変わったスライムetc…スライムレシピがたくさん!

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました